RSS
 

会社概要

会社概要

経営方針

私たちは、これまで麦屋の培ってきたうどん作りへのこだわりや心意気を活かしながら、お客さまと直接つながることで、これまでの小規模な製麺業の経営に対する固定概念を打破します。

現在の製麺業の大半が、大手業者が積極的に推し進める薄利多売の販売方式により、単に安い価格訴求志向の商品が大量に市場へ出回っています。これらの大手による大量生産、大量販売のスタイルは、一地方の小規模メーカーが太刀打ちできうるものではありません。価格を抑えるためには、人経費を抑えたり、作業の効率化を図るなどの手段がありますが、「原材料の質を落とす」ということも避けては通れなくなります。

しかし本来、うどんは小麦粉と水と塩で練っただけのシンプルな食品です。そのように価格を抑えるため素材の質を落としたならば、味や品質の低下にストレートに反映されることは明確です。

麦屋は、「そのような価格のみの追求が、果たしてお客さまが本当に望んでいることだろうか?」と考え、「安全で美味しい商品を口にしたいという一消費者としての自らの思い」を大切にして、「国産小麦、天日塩、天然水」を使用し、素材にこだわったうどん作りにこれまで取り組んで参りました。

そのようなこだわりや心意気を活かしながら、もっと近い位置でお客さまの顔を見ながら、もっとお客さまのお声に耳を傾けて参りたいと考えています。
そうして生まれるお客さまとの双方向コミュニケーションを活用することで、

「お客さまのご要望やご不満に対して迅速な対応」
「お客さまのご要望をできうる限り商品やサービスへ反映」
「お客さま一人ひとりの嗜好に合せた情報を直接お届けする」
「より適正な価格での商品ご提供」
「これまで以上の品質管理」

などが可能になり、きめ細やかで質の高いサービスを提供することができると考えています。

麦屋は自らが製造販売する一つひとつの商品に責任を持ち、お客さま中心のきめ細やかなサービスで、「本物の商品」と「満足感」を、皆様のお手元へお届けして参ります。
私たちがうどんと真剣に向き合い、お客様に期待以上の物をご提供する事こそ、私たちの使命です。
どうぞ厳しいあなた様ご自身の目で、舌で、ご確認くださいませ。
うどん工房麦屋は、一点の曇りなく、自信をもってご提供させていただきます。

麦屋の目的・ビジョン・使命

代表挨拶

株式会社カツマジャパン 代表取締役 毛利仁人

私がうどんの商売を始めたのは平成12年の夏です。
それまでは地元の特産品などを紹介や販売をする仕事をしておりました。
ひょんな事からうどん製造をすることになり、はじめのうちは本当に四苦八苦でした。しかし色々なお客様や飲食店様のお話を聞くにつれ、うどんに対する意識のギャップを感じるようになりました。

お客様は少しでも美味しいうどんを食べたい、遠くに行ってでも、送料をかけてでも食べたいと思っている方が多いのに、飲食店様の方では「うどんは少しでも安く仕入れられたら良い」「コシのあるうどんは讃岐うどんだろう」と、かなり粗雑に扱われている方が多いように感じたのです。

そこで、「自分たちの手で本当に美味しいと思っていただける、お客様に喜んでいただけるうどんを飲食店様にも提供出来るようにしたい」という思いで本格的に業務用冷凍うどんの製造と販売に取り組みました。

麦屋は、これより上流に行っても、民家も畑も何も無い最上流域で、大自然に囲まれてうどんを作っています。美味しいうどんを全国の方へと、うどん作りに励んでおります。四万十川水系最上流の天然水をたっぷり吸い込んだ美味しいうどんをお召し上がりください。

株式会社カツマジャパン 代表取締役
うどん工房麦屋 亭主 毛利仁人

会社概要

会社名

株式会社 カツマジャパン

WEBサイト名

うどん工房 麦屋

代表取締役

毛利仁人

住所

〒787-0009 高知県四万十市佐岡541

電話番号

0880-34-8031

FAX番号

0880-34-8032

メールアドレス

shop@mugiya.net

操業開始年月日

平成10年4月10日(四万十の日)

従業員数

8名

取引金融機関

幡多信用金庫川崎支店 
四国銀行 中村支店 
ジャパンネット銀行 

営業資格

麺製造業、飲食店営業、食品の冷凍または冷蔵業

関連サイト

業務用冷凍うどん:うどん工房 麦屋

関連事業

丸太椅子、丸太テーブル等、丸太製品の製造・販売
Webサイト:丸太いす工房 麦屋